ゆるめるヨガで心地よい眠りへ

「最近なかなか寝付けない・・」
「寝ても何だか疲れが取れない・・」
このようなことが気になっていませんか?

リストラティブヨガで心身休息モードへ

なかなか寝付けない理由、それは日中の活動モード(交感神経優位の状態)から夜の休息モード(副交感神経優位の状態)にうまく切り替えができていないことが原因かもしれません。

ストレスや緊張を抱えていると、夜休む時間になってもなかなかリラックスできないことがあります。考え事が気になって眠くならなかったり、最近ではスマートフォンなどの光刺激を寝る直前まで受けていることで、覚醒してしまったりという場合もあります。

ぐっすり眠れないと、朝起きても疲れが残り昼間の活動のエネルギーが出なかったりと、一日を心地よく過ごすことが難しくなるかもしれません。
リストラティブヨガは、心地よいポーズによって心身を積極的にリラックス状態に導きます。
これは意識的に活動モードをゆるめて、休息モードのスイッチを入れるようなことで、快適な睡眠にもつながります。

実際に多くの方がリストラティブヨガのポーズを取っていると、だんだん眠たくなり、ときには5分も経たないうちに寝息を立ててしまうこともあるくらいリラックスします。
「レッスンを受けた日はとてもよく寝られました」「帰ったらめずらしく昼寝をしました」というお声もよく聴きます。

自分で心身をゆるめたい方はぜひリストラティブヨガを体験してみてください。
おうちで簡単に試してみられたい方はこちらのページもご参考にどうぞ。

おうちでできるリストラティブヨガポーズ

 

リラクゼーション状態へ導くポイント

リストラティブヨガポーズ

・ゆだねる
リストラティブヨガでは、体をボルスター(ヨガ用クッション)にゆだねてお休みします。
支えられたポーズでは筋肉を休めながら様々な体勢がとれるので、余分な緊張を起こさずに体をほぐすことができます。

・時間
ひとつのポーズで長く静かに過ごすことで徐々に緊張がゆるんでいきます。
「何もしなくていい時間」を感じることも大切な要素です。

・穏やかな呼吸
快適で動きのないポーズなので強い呼吸を必要としません。
体の心地よさを感じることで、次第に呼吸もゆっくり落ち着いていきます。

 

 

 

心身をゆるめるアドバイス〜リストラティブヨガの観点から〜

リストラティブヨガは休息のためのものなのでリラックス術の集まりともいえますが
入眠時にも活用しやすいものを紹介します。

・肌触りのよいパジャマや寝具
自分にとって触れて心地がよいものをまとったり、手に触れることで安心感やリラクゼーションの助けになります。
ぬいぐるみや抱き枕でもよいです。
触れている心地よさに意識を向けて感触を味わってみましょう。

・胸やお腹に手を置いて呼吸を感じる
仰向けに寝られる方は、手の平を胸やお腹の上にそっとのせてみてください。
呼吸をするとゆっくり手が持ち上がったり沈んだり、すう息とはく息を感じることができます。
自然に流れる呼吸を感じるだけでも、少しずつ呼吸はゆっくり穏やかになりリラクゼーションを促します。

・アイピロー
まぶたの上に程よい重みのアイピローを乗せることで意識的に目の疲れを休めます。
好みの香りがついたものを使用してもよいですし、アロマミストをスプレーしたティッシュをアイピローにかけて香るのもおすすめです。

・抱き枕やクッション
横向きに寝る方は、胸の前に抱き枕やクッションを置いて上側になっている腕を乗せると呼吸しやすくなります。
腕の重みを支えにゆだねて乗せている心地よさを感じましょう。
ちょうど気持ちいい高さの支えになるように、抱き枕とバスタオルを重ねたり、複数のクッションを重ねて調整するのもよいと思います。

 

体験レッスン