綿棒かかとトントン

あごの噛み合せから全身のバランスを調整するのが目的です。

腰が痛いときなどにお試しください。
腰痛2

① 立った状態で前屈したり後ろに反ったりなどして、可動域・つっぱり感・痛みを確認します。

② 綿棒を左右どちらかの前から6番目の歯に噛ませて①と同じ動きをします。次に反対側の前から6番目の歯に綿棒を噛ませ①と同じ動きをします。(人によっては綿棒より割り箸の方が厚みがあってよい場合もあります)

綿棒かかとトントン

 

綿棒かかとトントン2

 

③ 可動域・つっぱり感・痛みが良くなる側に綿棒を噛ませたまま両脚を揃えた状態(両方の足の親指・かかとをくっつける)でかかとを床から数センチ持ち上げ8~10回程トントン床に落とす。

④ 綿棒を外して動きを確認します。良くなってればO.K.です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*