腱鞘炎への施術

sovaでの腱鞘炎症状に対するアプローチの一例です。

20代 男性 
主訴 右手首の痛み
 
 
工具を使う仕事で1ヶ月前から痛み。テーピングをして何とか仕事をしている。
接骨院に行ったが変化なし。下図のようにわずかに手首を掌屈(屈曲)するだけで痛みが出る。

 

手関節底屈

 

施術

手首から傾聴すると右胸辺りで引っ掛かりを感じる(精度が低いのでだいたいですが)。

九州の某先生が腱鞘炎に肺動脈・肺静脈をやると結構変化すると言っていたのを思いだし、

緊張部位を検査して肺静脈をリコイルしてみた。

 

肺静脈

 

動かしてもらうと「すごく楽に動かせます」と。

その後は直接手首をリリース。ほぼ90度曲げれるようになりました。

やはり患部だけにとらわれてはいけませんね。

しかし、施術後は調子が良くても頻繁に再発するようであればもっと原因を追っていかなければいけません。

 

※上記の施術で全ての方の腱鞘炎が治るという訳ではありません。
実際には、出ている症状の本当の原因は人によって全く異なる場合があります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*