ボルスターの選び方

リストラティブヨガを体験すると、思わずおうちにも欲しくなっちゃう方も多いボルスター。

ヨガボルスター

すごく気持ちいいから家でも疲れを癒したり、気持ちのリフレッシュやリラックスに取り入れてみたいですよね。sovaでもレッスンを受けて、購入される方がいらっしゃいます。

リストラティブヨガって、たまにしっかりレッスンを受けるのももちろん深いリラックスが得られていいですが、「なんだか今日はもう心身ともに窮屈で、ストレスマックスでもうだめ・・」みたいなときにおうちでちょっとできるといいですね。
ワンポーズでも、たとえ10分くらいでも自分をいたわる気持ちでしてみると、かなり気持ちの疲れや、からだのこわばりが取れ不思議と元気がわいてきたりします。「小さなリセット」は大切ですね。

 

それでは、前置きが長くなりましたが、ボルスターの選び方について。

よくある質問「丸型ボルスター(写真左)と四角ボルスター(右)はどちらがいいですか」ですが、ご自宅用にまず一個買うなら、四角の方がポーズのバリエーションが多くおすすめです。例えば、こんなポーズが四角のボルスターでできます。

DSCN0629 (1024x768)

リストラティブヨガチャイルドポーズ

リストラティブヨガポーズ仰向け

ヨガポーズ

リストラティブヨガポーズ横向き

脚を上げたリストラティブヨガポーズ

 

ヨガスタジオでも四角のみを揃えているところがほとんどだと思います。

sovaでは丸いボルスターも使っていますが、それは最初にリストラティブヨガを習ったSun&Moon YOGAで丸と四角の両方を使っていて、とてもよかったので同じように用意しました。

丸のいいところは、リストラティブポーズの基本といってもいいような「基本のリラクゼーションポーズ」をとった時に、曲げた膝の下をちょうど気持ちよく支えてくれることです。

リストラティブヨガ

丸いので太ももやふくらはぎに対してもやさしくフィットし圧迫感がないことがポイントです。四角でもブロックで角度を付けたり、上にクッションを足して同じような状況を作れますが、疲れ切った時には丸を一個ポンと置いてすぐポーズに入れる手軽さがいいかもしれませんね。

 

ということで、どちらの形を選ぶかは、バリエーションを求めるなら四角がおすすめ。基本のリラクゼーションポーズの快適さを求めるなら丸がおすすめです。

 

基本のリラクゼーションポーズは、どこかを伸ばしたり圧迫したりという要素は少ないですが、体にやさしくてとにかく気持ち良いので一番のおすすめでもあります。首が支えられ、膝が少し曲がった状態になることで、首、肩、頭、腰がとっても楽ちん。目を閉じてリラックスすると10分経たずに寝息を立ててしまう方も多いポーズです。

 

と、実際にはどちらも甲乙付けがたくもありますが・・。あとは人それぞれ快適に感じるポーズも違うので、いろんなポーズを体験してみてから選ぶというのもおすすめです。

 

それからメーカーについて、sovaではアメリカのハガーマガーのを使っています。ハガーマガーはヨガグッズのメーカーで30年程歴史のある会社です。ボルスターに関しては色や柄も豊富でインテリアに合わせて選べるところもポイントかと思います。
結構ボルスターって大きなものなので、部屋に置いたときに目立ちますし、好きな色の方が気分もよりいいですね。
また耐久性については、今のところレッスンで日々使用し丸5年は使っていますが問題ありません。へたりもほとんどなく、まだまだしっかり使える感じです。

下に紹介する他メーカーより少々お値段高めですが、おすすめです。
(※残念ながらハガーマガーは2015年12月4日をもって日本から撤退されたようです。 2016/1/7追記)

 

他にもボルスターを販売しているメーカーはいくつかあります。

ヨガワークス (四角のみ)
 サイズ :約62cm×27cm×16cm 重さ:約2.0 kg ¥12,744

スリア (四角のみ)
 サイズ: 幅約27×長さ68cm×高さ15cm 重さ:約3.8kg ¥11,880

マンドュカ (四角・丸ともにあり)
 四角/サイズ:67×29×14 cm 重さ:約1.1 kg ¥11,880
 丸/サイズ:68.5×23×23 cm 重さ:約1.8 kg ¥12,960

イージーヨガ (四角のみ)
 サイズ:W26cm x L65cm x H14cm  重さ:約1.8㎏ ¥15,800

※仕様・価格はメーカーホームページより引用(2017/8現在)
最新情報や詳細は各メーカーサイトでご確認ください。

 

メーカーごとに硬さなど結構違ってくるので、ひとつずつ買って試してみたいなぁと思いつつ、今のところハガーマガーを愛用中です。もしハガーマガーのを試してみたいという方は、体験レッスンでお試しくださいね。

気軽にどうぞ~

ということで、sova的なボルスターの選び方でした。

SNSでもご購読できます。