ぎっくり腰寸前!?

img_0783

こんにちは。sovaのヨガ担当、裕子です。

先日、寒くなりかけたとある朝、お客様をお迎えする前の準備で掃除機をかけようと、腰をかがめてコードを掃除機から引っ張り出そうとした瞬間!

腰にピリリーッと嫌な感触が走りました。

あ~これはやってしまったかも・・・

もしかして今日のレッスンできないんじゃないか・・と冷や汗をかくレベルの危険信号。過去2回、じわじわくるタイプのぎっくり腰を経験したことがあるので、この後どうなるかは大体想像がつきます。

ドキドキしながら、ゆっくりと立ち上がり、無駄に刺激を入れないようにそろそろと動いて見ると、う~んやはり危険な感じ。

でもだましだまし動いてなんとか掃除機をかけ、なんとかいけそう、と思ったので朝一のレッスンもそのまま。

いつも通りの動きはできずややぎこちない私でしたが、平気な感じを装って笑ったり、レッスンに集中して違和感から気をそらしたりすることも意外と役に立ちます。できるだけ、余分な緊張を取るように深呼吸し、リラックスを心がけて動いていると少し和らいでいきました。

レッスンが終わってからは夫に助けを求め、少し施術を受け、リストラティブポーズもいくつか試しました。

今回の実験では、急性症状の起こっている腰に対してはリストラティブで適切なポーズは見付けられませんでしたが、動きのロックしている腰に対して代償的に緊張し始めている背中や患部周辺のリラックスには役立ちました。

また、こういう場合はあまりじっくり時間を取ってポーズをするより、短時間で少しずつの方がいいようにも感じました。

それにしても、こうなると一気に全身の動きがおかしくなるし、呼吸は浅くなるし、だから疲れるし・・。”体はつながりのある一つのもの”ということをつくづく実感します。

なんとか一日を終える頃には、幾分改善の兆しが見え、再度寝る前に整体の施術依頼を。

翌朝には2割程度の違和感にまで改善しました。翌日はまだ立ったり座ったりに気をつける必要があったり、疲れや違和感がすぐに溜まりやすい状態でしたが、悪化はしていないので経過としてはいい感じ。この日も余分な緊張を取るように努め、なるべく動きました。

そして、3日目、違和感3%くらいまでに軽減されました。

その後は、日にちが経つと共に違和感を忘れるくらいになりました。

 

ふ~危なかったです。でもいい実験ができてよかった。
私としては、今回は整体やヨガの力を借りて、今までの中では一番楽になるのが早かったです。

 

ぎっくりさん、何度かやってる人は次第に対処の仕方にも慣れてくるかもしれませんが、なるべく動き、少しは整体などの施術の力も借り、自分ではなるべく余分な緊張を取る、ということをすると軽快するのが早いと思います。

寒くなりますので、皆さんもお気を付けを。そしてもし「ぎっくり、やっちゃったかも」とお困りのときは遠慮なくsovaにご相談ください。

 

整体&ヨガsova

SNSでもご購読できます。