ポーズの種類

ボルスターを使ったリストラティブヨガのポーズを紹介します。
ポーズはとてもゆったりリラックスできるものばかりですが、体をいろいろな方向に向けて静止するので、コリや緊張をほぐす効果もあります。

基本のリラクゼーションポーズ

まずはこのポーズでリラックス。ひざの下と首の下を支えて仰向けになるだけでとってもゆるみます。
ほとんどの方が気持ちよくて寝てしまいそうになるほどの幸せポーズです。

 

仰向けの脚を伸ばしたポーズ

ゆるやかに後屈したポーズでリラックスします。からだの前面に開放感を感じるポースです。

リストラティブヨガポーズ仰向け

 

チャイルドポーズ

胸やお腹が支えられることで、とても安心感が感じられるポーズです。気持ちが疲れたときにおすすめです。肩の力もふっと抜ける心地よいポーズです。

リストラティブヨガチャイルドポーズ

 

体側を伸ばすポーズ

からだを横向きにゆだねて、脇腹をすっきりと伸ばしていくポーズです。縮こまりがちな体側に、のびのびとした開放感をもたらします。

ヨガポーズ

 

仰向けの合せきポーズ

足の裏を合わせベルトで安定させて、股関節を楽に開いた仰向けの状態でリラックスするポーズです。

リストラティブヨガ仰向け合せきポーズ

 

横向きのリラクゼーションポーズ

真横に寝た状態で頭、腕、脚を支えるポーズです。腰や背中の疲れが和らぎ、とてもリラックスできます。呼吸もしやすくなりとても気持ちがいいです。

リストラティブヨガポーズ横向き

 

脚を上げるポーズ

壁に両脚を上げるポーズです。脚の疲労軽減に役立ち、すっきり感を味わえるポーズです。

脚を上げたリストラティブヨガポーズ

 

 

からだが快適に支えられた状態でリラックス

ヨガ体験ボルスター

見た目はとても簡単そうに見えるリストラティブヨガのポーズですが、実は奥が深く、身体を安定して支えるための道具であるプロップス(ボルスター、ブランケット、ブロック、ベルトなど)の微妙なセッティングの違いによって、心地よさが大きく変わります。

アクティブなヨガと違い、長時間ポーズを保持するリストラティブヨガでは、このセッティングがとても大切です。

おひとりずつの身体の状態に合わせて、様子を聞きながら細かな調整をして、より心地よい状態でポーズをとってもらいたいという思いから、sovaではプライベート・少人数でのレッスンを行っています。

 

練習の仕方・レッスンの流れ

プロップスを調整して心地よく感じるポーズに収まったら、そのまましばらくポーズをキープします。キープしている間はただリラックスして呼吸に意識を向けていきます。

インストラクターのガイドを聞きながら、からだの各部や呼吸を感じることで、徐々に深いリラクゼーション状態へと導いていきます。
ひとつのポーズを5分~10分ほど保ったら、ゆっくりとからだを起こしポーズを終えます。

 

リストラティブヨガの魅力

リストラティブヨガを始めたばかりの頃は、気持ちよくて眠ってしまいそうになることもよくあります。本来は眠ってしまわずに、穏やかな心身の状態を静かに感じ取っていくことが理想的ですが、疲れがたまっている状態では無理もありませんので、「寝てはだめ!」と緊張せずにまずはリラックスを十分に楽しんでください。

練習を重ねていくと、眠るでもなく起きているでもない、心身ともに鎮まった状態でリラックスできるようになっていきます。

たった60分でも、からだとこころを深く休め、穏やかな呼吸をすることで、ゆったりとした気持ちを取り戻したり元気が湧いて来たり、きっと何らかの変化を感じていただけることと思います。ぜひその時々のご自身の体験を楽しんでください。