リストラティブヨガと一般的なヨガの違い

「ヨガ」には、さまざまなスタイルがあります。
一般的なヨガのイメージといえば、体の柔らかそうな人が柔軟なポーズをとっているイメージが浮かびませんか?
リストラティブヨガは、そのようなイメージとはかなり印象の違うヨガとなります。
ひとことで言えば、”寝ているだけ”のように見えるヨガです。
こちらでは、リストラティブヨガとその他の一般的なヨガ(現在、スポーツジムやヨガスタジオで広く行われているもの)との違いを紹介します。

他のヨガとの違い2

リストラティブヨガの特徴は

point① 寝ころんだポーズがほとんどです
一般的なヨガでは立ったり、座ったりして行うポーズが多いですが、リストラティブヨガはほとんどのポーズを楽に横たわった状態で行います。

 

point② ポーズは数分間キープします
 一般的なヨガでは、次々と体を動かしながらポーズを取り、最後に仰向けに寝る休息ポーズを行うスタイルが多いですが、リストラティブヨガでは、ひとつひとつのポーズを時間をかけて行います。
時間をかけて静止することで、表層から深部へとじわじわリラックスを深めていきます。
寝ているだけに見えるヨガですが、終わると不思議と体が軽くなったり、すっきり感が味わえるのは時間を使ってしっかりリラックスしているからなのです。

 

point③ 体力を必要としません
 一般的なヨガクラスでは、ある程度の筋力や柔軟性を要するポーズも取り入れられていることが多いです。そのため、運動が久しぶりの方や元々苦手な方は、「私にはちょっとついていけない」と感じる場合もあるようです。
リストラティブヨガでは体力のない方も全く気にすることはありません。
寝ころんで行うものばかりで体力を必要としないので、疲れているときにこそ、休息やエネルギーチャージを目的として行うことができます。

 

point④ 運動性はほとんどありません
 リストラティブヨガでは、一般的なヨガのように筋力やバランス力を使って次々にポーズを取るものではありません。
 「筋肉を使っての運動」はほとんどしませんが、ゆるやかに体を伸ばしたりねじったりと日常の姿勢とは違うポーズをとるので、運動していないのに、運動した後のようなすっきり感を味わうことができます。

 

point⑤ とことんリラックスモードに
 一般的な運動性のあるヨガでは、活動と休息を行いますが、リストラティブヨガでは休息がメインです。快適なポーズで終始穏やかな呼吸を続けることで、いろいろなポーズを行うごとにリラックス度が増していきます。

 

リストラティブヨガに向いているのはどんな人?

このような特徴をふまえ、リストラティブヨガの向き、不向きをあげてみます。

〇 向いているのは
・リラックスしたい方
・体力に自信のない方
・運動することが難しい方
・静かな時間を持ちたい方

△ あまり向いていないのは
・アクティブに体を動かしたい方
・ダイエットが目的の方
・筋力をアップしたい方

 

ヨガボルスター

「ヨガは体が柔らかくないとできない」「ヨガは意外とハード」というお声もよく聞きますが、リストラティブヨガのように本当にゆるい感じのヨガもあります。
そしてこんなにゆるくても、心と体への効果はあります。
ヨガをあきらめかけていたあなたも、こんなヨガもあると知っていただければ幸いです。

興味を持たれた方は、どうぞ気軽に体験レッスンへお申込みください。