ゆだねるヨガで心身ともにリラックス

リストラティブヨガとは

restorative yoga
restore とは「回復する、元に戻す」という意味の英語。

リストラティブヨガは、1990年代にアメリカの理学療法士でありアイアンガーヨガの正式認定指導者であるジュディス・ハンソン・ラサターによって考案されました。そのルーツはプロップスを使うアイアンガーヨガにあります。

休むことを教えてくれるリストラティブヨガでは、完全なリラクゼーション状態を体験します。それによって普段頑張りすぎていたことに気づいたり、休んでいなかったことに気づくかもしれません。
リストラティブヨガは活動と休息のバランスを取り、心身ともにより健康的でリラックスした日々を過ごしていくために役立ちます。

リストラティブヨガの特徴

受動的でリラックスしたポーズ

他のアクティブなヨガと一番の違いはポーズが受動的であるということです。
多くのヨガのスタイルでは、立位や座位で筋力を使ってポーズを行いますが、リストラティブヨガでは横になった状態でポーズを行うので、筋力をあまり使わず、むしろ力を手放しながら行うのが特徴です。そのためとても深いリラックス感を得ることができます。

自律神経への効果

リストラティブヨガでは体をゆだねてポーズを行うので、自律神経のうちリラックスしたときに働く副交感神経を刺激します。自律神経は交感神経と副交感神経がどちらも働くことが健康には必要ですが、ストレスの多い生活を続けていると交感神経ばかりが優位な状態が続いてしまい、心身のバランスを崩してしまうことがあります。
そうなってしまう前に、リストラティブヨガのリラックス術を活用してバランスを保っていくことができれば、より健康的な生活への助けとなります。

心身の回復を促す

術後や病後の回復期など体力があまりない場合にも、リストラティブヨガは取り組みやすいヨガのひとつです。
できる範囲でポーズを楽しみリラックスすることは心の充足感につながり、自信や気力を取り戻すきっかけになるでしょう。

ストレスから起きる心身不調の予防に

大きな不調はなくとも、日々仕事や家庭のことなどでストレスを感じていることはあると思います。適度なストレスは悪いものではありませんが、ストレスの蓄積を感じる場合は自分をリラックスさせることが大切です。
リストラティブヨガではリラックス術を学べるので、ストレスからの影響を軽減し心身を健康に保つことに役立ちます。

 

参考書籍

リストラティブヨガ
ジュディス・ハンソン・ラサター著 (ガイアブックス)
* 現在日本語訳されている唯一のリストラティブヨガの書籍

 

restore and rebalance
ジュディス・ハンソン・ラサター著
* 英語版のみ

 

体験レッスン15

ポーズ2